プログラムを書こう!

実務や自作アプリ開発で習得した役に立つソフトウェア技術情報を発信するブログ

MFCで印刷する。

この記事は2018年11月25日に投稿しました。

f:id:paveway:20190914064630j:plain

目次

  1. はじめに
  2. MFCで印刷する
  3. おわりに

かんたん Visual C++ [改訂2版] (プログラミングの教科書)

かんたん Visual C++ [改訂2版] (プログラミングの教科書)

1. はじめに

こんにちは、iOSのエディタアプリPWEditorの開発者の二俣です。
今回は業務で使用しているMFCで印刷する方法についてです。

目次へ

2. MFCで印刷する

MFCで印刷するには、CPrintDialogを使用します。

実装例

// PictureControl
CStatic m_img;

/**
 * @brief 画面の印刷ボタンが押下された時に呼出されます。
 */
void XXX::OnBnClickedPrint()
{
    // 印刷ダイアログを開きます。
    CPrintDialog dlg(FALSE);

    // 印刷ダイアログの印刷ボタン以外が押下された場合
    if (dlg.DoModal() != IDOK)
    {
        // 終了します。
        return;
    }

    // プリンタのデバイスコンテキストを取得します。
    CDC prtDC;
    HDC ptrHDC = dlg.GetPrinterDC();
    prtDC.Attach(printHDC);

    // 印刷ドキュメント情報を設定します。
    DOCINFO docInfo;
    int docInfoSize = sizeof(DOCINFO);
    memset(&docInfo, 0, docInfoSize);

    // 印刷ドキュメント情報構造体のサイズを設定します。
    docInfo.cbSize = docInfoSize;

    //ドキュメント名を設定します。
    docInfo.lpszDocName = _T("印刷サンプル");

    //ドキュメントを開始します。
    pDC->StartDoc(&docInfo);

    // ページを開始します。
    pDC->StartPage();

    // 描画処理はStartPage()とEndPage()の間で行なってください。
    // プリンタのデバイスコンテキストに直接描画しても構いません。
    // ここではPictureControlの画像をコピーします。

    // PictureControlのデバイスコンテキストを取得します。
    CDC* pImgDC = m_img.GetDC();
    HDC imgHDC = pImgDC->GetSafeHdc();

    // PictureControlの範囲を取得します。
    CRect imgRect;
    m_img.GetClientRect(&imgRect);

    // プリンタの範囲を取得します。
    CRect prtRect;
    prtDC->GetClipBox(&prtRect);

    // PictureControlの画像をプリンタのデバイスコンテキストにコピーします。
    // StretchBltはプリンタの範囲に合わせて拡大縮小してコピーします。
    StretchBlt(prtHDC, 0, 0, prtRect.Width(), prtRect.Height(), imgHDC, 0, 0, imgRect.Width(), imgRect.Height(), SRCCOPY);

    // PictureControlのデバイスコンテキストをクリアします。
    DeleteDC(imgDC);
    Release(pImgDC);

    // ページを終了します。
    pDC->EndPage();

    // ドキュメントを終了します。
    pDC->EndDoc();

    // プリンタのデバイスコンテキストをクリアします。
    prDC.Detach();
    DeleteDC(prtDC);
}

目次へ

3. おわりに

いろいろと知らないことだらけでなかなか印刷できませんでした。
特にPictureControlの画像をプリンタのデバイスコンテキストにコピーする処理を、StartPage()の前に行っていて印刷されず試行錯誤しました。

とりあえず稼ぎたいなら、ITエンジニア【IT派遣テクノウェイブ】

標準講座MFC6.0―Visual C++による効率的なWindowsプログラミング (Programmer’s SELECTION)

標準講座MFC6.0―Visual C++による効率的なWindowsプログラミング (Programmer’s SELECTION)

  • 作者: ハーバートシルト,田中正造,Herbert Schildt,コスモワークス
  • 出版社/メーカー: 翔泳社
  • 発売日: 1999/04/01
  • メディア: 単行本
  • 購入: 11人 クリック: 39回
  • この商品を含むブログ (4件) を見る

紹介している一部の記事のコードはGitlabで公開しています。
興味のある方は覗いてみてください。

目次へ


私が勤務しているニューラルでは、主に組み込み系ソフトの開発を行っております。
弊社製品のハイブリッドOS Bi-OSは高い技術力を評価されており、特に制御系や通信系を得意としています。
私自身はiOSモバイルアプリウィンドウズアプリを得意としております。
ソフトウェア開発に関して相談などございましたら、お気軽にご連絡ください。

また一緒に働きたい技術者の方も随時募集中です。
興味がありましたらご連絡ください。

EMAIL : info-nr@newral.co.jp / m-futamata@newral.co.jp
TEL : 042-523-3663
FAX : 042-540-1688

目次へ