プログラムを書こう!

実務や自作アプリ開発で習得した役に立つソフトウェア技術情報を発信するブログ

C++/CLIで実行ファイルのあるパスを取得する

この記事は2020年07月06日に投稿しました。

f:id:paveway:20190914064630j:plain

目次

  1. はじめに
  2. C++/CLIで実行ファイルのあるパスを取得する
  3. おわりに

1. はじめに

こんにちは、iOSのエディタアプリPWEditorの開発者の二俣です。
今回は業務で使用しているC++/CLIで実行ファイルのあるパスを取得する方法についてです。

目次へ

2. C++/CLIで実行ファイルのあるパスを取得する

C++/CLIで実行ファイルのあるパスを取得するには、ApplicationクラスのExecutablePathプロパティを使用します。
ExecutablePathプロパティは実行ファイル名付きのパスになりますので、パス名のみほしい場合は実行ファイル名を削除します。

実装例

using namespace System::Windows::Forms;
using namespace System::IO;

/**
 * @brief 実行ファイルのあるパスを取得します。
 *
 * @return 実行ファイルのあるパス
 */
String^ EnvUtils::GetExecPath()
{
    // 実行ファイル名付きパスを取得します。
    String^ execPath = Application::ExecutablePath;

    // 取得したパスから実行ファイル名を削除します。
    int index = execPath->LastIndexOf(Path::DirectorySeparatorChar);
    if (0 < index)
    {
        execPath = execPath->Substring(0, index);
    }
    return execPath;
}

API Reference

Applicationクラス

ExecutablePathプロパティ

目次へ

3. おわりに

設定ファイルなどを実行ファイルがあるパスに配置するため、実行ファイルがあるパスを取得する方法を調査しました。

紹介している一部の記事のコードはGitlabで公開しています。
興味のある方は覗いてみてください。

目次へ


私が勤務しているニューラルでは、主に組み込み系ソフトの開発を行っております。
弊社製品のハイブリッドOS [Bi-OS][Bi-OS]は高い技術力を評価されており、特に制御系や通信系を得意としています。
私自身はiOSモバイルアプリウィンドウズアプリを得意としております。
ソフトウェア開発に関して相談などございましたら、お気軽にご連絡ください。

また一緒に働きたい技術者の方も随時募集中です。
興味がありましたらご連絡ください。

EMAIL : info-nr@newral.co.jp / m-futamata@newral.co.jp
TEL : 042-523-3663
FAX : 042-540-1688

目次へ