プログラムを書こう!

実務や自作アプリ開発で習得した役に立つソフトウェア技術情報を発信するブログ

Tcl/Tkのリストで指定範囲の要素を削除する

この記事は 2024 年 5 月 25 日に投稿しました。

目次

  1. はじめに
  2. Tcl/Tkのリストで指定範囲の要素を削除する
  3. おわりに

1. はじめに

こんにちは、iOS のエディタアプリPWEditorとその後継PWEditor2の開発者の二俣です。
今回は業務で使用しているTcl/Tkリストで指定範囲の要素を削除する方法についてです。

目次へ

2. Tcl/Tkのリストで指定範囲の要素を削除する

TCL/TKリストで指定範囲の要素を削除するには、lreplaceコマンドを使用します。

書式

lreplace<リスト> <開始インデックス> <終了インデックス>

実装例

# 元のリストを作成します。
set src {Apple Banana Orage Grape Strawberry}

# 要素2,3を削除したリストを作成します。
set dst [lreplace $src 2 3 Peach Melon]

# 削除したリストの内容を表示します。
puts $dst

実行結果

Apple Banana Strawberry

リファレンス

Tcl/Tk公式サイト(英語)

Tcl(Wikipedia日本語)

Tk(Wikipedia日本語)

list(英語)コマンド

lreplace(英語)コマンド

目次へ

3. おわりに

前回

www.paveway.info

と同じlreplaceコマンドですが、置き換える要素を指定しないと、要素が削除されるようです。

紹介している一部の記事のコードはGitlabで公開しています。
興味のある方は覗いてみてください。

目次へ


私が勤務しているニューラルでは、主に組み込み系ソフトの開発を行っております。
弊社製品のハイブリッド OS Bi-OSは高い技術力を評価されており、特に制御系や通信系を得意としています。
私自身はiOS モバイルアプリウィンドウズアプリを得意としております。
ソフトウェア開発に関して相談などございましたら、お気軽にご連絡ください。

また一緒に働きたい技術者の方も随時募集中です。
興味がありましたらご連絡ください。

EMAIL : info-nr@newral.co.jp / m-futamata@newral.co.jp
TEL : 042-523-3663
FAX : 042-540-1688

目次へ